「ハチミツとクローバー」

会社の若手女子から「青春なんです」と聞かされ、試みに読んでみた第一巻で彼女の言葉に納得した。

毎日が新鮮だったあの頃・・・

いやいや、今だってそんなに捨てたものじゃない。

スタイルストア



くだんの神経生理学者は酒が一滴も飲めないそうだ。

くだんの神経生理学者は酒が一滴も飲めないそうだ。
おまけに人妻でもある。

とある金曜日の夕方、仕事帰りの一杯につきあってくれるメンツを探していたら、
ケーキとコーヒーでも良いですかと聞かれたので、どうぞお好きにと答えたらついてきた。

酔いにまかせて前職での研究内容を尋ねると、一般人向けのプレスリリースのように優しく解説してくれたのだが、それが結構すごい成果のように思ったので、素直にそのことを伝え、ついでに思いついた2〜3の疑問をぶつけてみた。
それが研究者スイッチをONにしたのだろう。

まるで人が変わったような瞳キラキラモードで質問に答えるのだ。

酒の席で。
酒も入っていないのに。

こちらは酒が入っているので、只でさえ乏しい理解力が半分ばかりに減少している。
何度か聞き返したり、さらに質問したりと、金曜の飲み会の場はさながら学会での質疑応答の場と見まごうばかりの雰囲気となってしまった。

夫とはこんな話はできない・・・。

ぼそりとつぶやいた彼女の夫はまったくの畑違いのお仕事で、幼なじみなのだそう。
そんなことには興味はないのだ。

とどめの一言。
私は夫に愛されています。
夫が嫉妬するので、このような飲み会に頻繁に加わることはできません。

よくわからないヒトだ。
| 健康

神経生理学の専門家が転職してきた。

神経生理学の専門家が転職してきた。
そこそこの美人である。

そんなことより、
神経領域の製品を担当している身としては、仕事に役立つ知識の仕入れ先としてご協力いただければとの思いばかりなのである。
前職での研究分野を聞いてみると、嗅覚だとの返事。
嗅覚異常は認知機能低下の初期症状として注目されているが・・・という話題を振ると、それまでの静かなイメージから一転、瞳をキラキラと輝かせながら反応してきたので少し驚いた。
1秒でも早く発表したものの勝ち!的な研究者としての一面なのだろう。

ともあれ、面白いヒトだということがわかってよかった。
| 健康

周囲が全く目に入らなくなる

うれしさに舞い上がってしまうと周囲が全く目に入らなくなるという、一見当たり前そうな現象を何回か典型例として経験している。

最初は高校生の時。

学年全体のバス旅行か何かで、付き合い始めたばかりの別のクラスの女の子を私は自分のクラスのバスに呼び、仲良く並んで周囲に幸せのオーラをまき散らしていたあの日。

サービスエリアでの休憩タイムも終わりに近づき、バスに戻るために彼女を待っていると、春のお花畑のように清々しい笑顔でこちらに向い小走りに駆けてくる彼女に気がついた。彼女に向かって微笑み返そうとした私の口元は、しかし、一瞬の後に硬直してしまった。

私の10mほど先の、ちょうど彼女との中間地点には、腰に手をあてて仁王立ちする彼女のクラス担任が、無断でクラスのバスから行方をくらました生徒をようやく発見した安堵感を引き金に、それまでに増幅させてきた心配を一気に怒りに転化させつつあるのを見つけてしまったのだ。

ところが何ということだろう。彼女の方では沸騰寸前の担任が全く目に入らないらしく、満面の笑みを一滴も損なうことなく私に向ってくる。

とうとう彼女は自分の担任に正面やや右から肩をたたかれるまで、私以外の誰も認識していなかったらしい。

教育者らしく、怒りを内に秘めたまま、努めて冷静に彼女を詰問する一言を発した担任に、完全に意表を突かれた彼女の口は半開きのまま、声を発することさえ忘れてしまったかのようだった。

それまで観察者だった私としては、この時を出番とせざるを得ない。彼女の担任が大きな息継ぎの後、二言目を発しようとした、ちょうどその時を見計らって彼女に並び立ち、慌ただしくお詫びの言葉を口にすると深々と頭を下げた。そして頭をもとに戻して、次に彼女が私と共に私のクラスのバスに乗っていることを一気に伝えると、再び最敬礼をした。ここに至って彼女もようやく自分を取り戻したらしく、私と並んで担任に頭を下げた。

自分の生徒のプライベートな一面を目の前で見せつけられてしまった感の担任としては、二人のあまりに直球的な謝罪の姿と純真な高校生カップルの初々しさに、抜きかけた刀を鞘に収めるといった体で渋々ながら納得せざるをえなかったのだろう。あの時は、我ながらカッコ良かったんではないかと思ったが、傍から見ていたギャラリーは、自業自得だと苦笑していたようだ。


続いて二度目の経験だが、これは三度目の例と時と場所、そして私以外の登場人物が異なるだけで、基本的なシチュエーションはほぼ同じという面白い例なのだ。

いずれも会社の飲み会でのこと。

私のお相手はそれぞれのグループにおけるセンターポジション的な女性。そして敵役は彼女たちに一方ならぬ好意を抱きつつも、なにかの行動を起こすことができず、今のところただ見ているだけという男性陣。

いずれのセンターポジションも何の気の迷いか、私に好意を抱いているのだが、あろうことか、その好意を会社の飲み会の場で示そうとしたのだ。ふと気がつくと熱い視線が送られており、彼女に好意を抱く敵役が彼女の視線の先にいる私を特定するのは時間の問題という危険なレベル。できるだけ気づかぬふりをしながら一定の距離を保っていたが、二人とも喫煙者である私のタバコ休憩のタイミングを狙っていたのには驚く。

私にとって運の悪いことに、どちらの店も喫煙場所は我々のテーブルから丸見えの状態であった。
レンズで太陽の光を集めたように、後頭部の一点にジリジリと焦げるような痛みを伴う視線を感じつつ、私はゆっくりと喫煙場所に足を運ぶ。
視界の隅にテーブルを入れながら、唇にくわえた一本の先に点火しようとすると、予想通りのタイミングでセンターポジションが喫煙場所にやってくる。それも小走りに。
テーブルに残された敵役は、レーダーでも搭載しているようにロックオンした彼女を自動的に追尾する。そして彼女の行こうとしている先に私がいることを発見し、私は彼らの顔に怒りの感情がまざまざと浮かぶのを、なすすべもなく見守るしかないのだ。
もちろん彼女の笑顔はイノセントである。

仮に、喫煙場所がテーブルからの死角に位置していたとしても、敵役はレーダー探査が有効な位置または喫煙場所までやってきて、私たちを監視することはおそらく間違いない。男の嫉妬というのは結構粘り気があるのだ。
私としては、彼女の話を上の空で聞き、冷たく背を向けて夜空に向かって紫煙を吹き出すことぐらいしか、選択肢として残されていない。
敵役の監視網が厳し過ぎ、その場を適当に取り繕って他日を期すというオルターナティブはほぼ絶望的だ。

かくしてセンターポジションは誇りを粉々に傷つけられ、その怒りはそれまで好意の対象であったことなど片鱗も感じさせずに、パワーだけは数倍強力になって向かってくることになる。

エピソード・ワンに比べてツーもスリーもトホホなのだが、私に甲斐性がないのが最大の原因だったりするので、それはそれでやっぱり仕方がないと納得するしかないのが悲しかったりする。
| 恋愛

プラナリアの片想い

プラナリアという生き物がいる。

身体を2つに分断すると、いずれの断片も成体に戻るという不思議な生き物。中学校あたりの理科の教科書に載っていたと思うが、ナマで見た記憶はない。
ある科学の研究によれば、プラナリアを胴体の真ん中あたりで真っ二つに切り分けたとき、下半分から再生した成体も、元の成体の記憶を持っているという。
だいたい、魔法のポケットの中のビスケットを地で行くような生き物がいるだけでも不思議なのに、記憶までが、それも下半身にコピーされてしまうなどとは俄かには信じがたい。

仕事が一段落ついて椅子から立ち上がると、両手をあてがった腰を右回り左回りと軽く回転させたオレは、唐突に思い立って骨盤上縁にあてた両手を脊柱に向けてグイグイとしぼっていった。ウエストが首の太さくらいまでに絞られてくると、上半身が倒れないようにバランスをとるのに多少気を使ったが、それでも両手に入れた力は緩めずに身体の中心を目指した。
いちばん苦労しそうだと思っていた脊柱が、胸椎と腰椎の継ぎ目からあっけなく分断されると、自分が達磨落としになったような変な気分になった。しばらくすると上半身と下半身それぞれの切断面がモゾモゾとうごめきだして、いよいよ再生が始まる。
気がつくとオレの上半身も下半身も床に横倒しになっており、コンクリートミキサー車のタンクが回転するくらいのスピードで欠損状態の身体が再生していくのがわかる。

当然のことながら再生されるのは身体だけで、着ていた服までがデュプリケートされるという具合にはならない。したがって、下半身から再生した上半身からはオレの大胸筋や腹筋が以外と鍛えられていることがわかってしまうし、上半身から再生するスッポンポンの下半身は、その再生過程からして人様にはお目に掛けられないのである。

そんなこんなで二時間ほどすると、とりあえずは見た目だけは二人の俺が誕生するわけだが、骨格や筋肉が重力に対抗できるまでにはさらに二時間ほどを要する。カニであればソフトシェル・クラブの状態であり、この状態の時に外敵に襲われると抵抗できないのでとても危険なのであるが、一応ヒトなので周りからいやな顔をされる程度で済む。

上半身から再生したオレと、下半身から再生したオレは、一卵性双生児と同様に遺伝学的には全く同じ生き物で、そのうえそれまでのオレの記憶を共有している。

高校のとき同じ学年にいた双子の増田兄弟は、兄は理系のトップで弟は文系のトップであり、まったく同じ遺伝子を持っていても頭の仕組みは微妙に違うという、学習の後天性とでもいうべき事象の生き証人であったが、分裂したオレは同じ記憶を共有している関係上、新しい思考のベースがいっしょということで、しばらくの間はお互いが考えていることや行動の先が読めるところが面白かったりする。
またその一方で、本音と建前というような感情や思考の履歴も共有しているため、あのとき本当はどう考えていたのかということを問いかけたとしても、帰ってくる答えはまったくの予想通りで、そういう意味では何の役にも立たない。

自分が二人いるということは、仕事などのダブルブッキング役立つと一瞬思いがちだが、それまでの経験は共有していても、あらたな経験は共有しないため、楽しみが二倍に増えるということはない。別々の女性とお付き合いして労せず二股掛けという不埒な考えが一瞬脳裏をよぎったが、そういうわけなので、まったく別の男が自分の好きな女と付き合っているという、不愉快極まりない状況が現出するだけで、そんな生き方にはメリットなど感じないな・・・と結論を出したところで目が覚める。

プラナリアにとっても、いい迷惑だったりするのかもしれない。
| 恋愛

すーちゃん まいちゃん さわ子さん

小学5年生の娘が、眠れないのでお話をしてくれという。

小学校高学年にもなって「むかしむかし・・・」もないものだと思うのだが、ずいぶん前に、中谷美紀主演のしあわせのかおりをダイジェストで聞かせてあげたら大ウケして、それ以来たびたび「王さん、王さん」とせがまれる。

先日、久々にリクエストがあったので、たまには新ネタを・・・と思い、目黒シネマで観た柴崎コウ、真木よう子、寺島しのぶ主演のすーちゃん まいちゃん さわ子さんの、ダイジェストすーちゃん編を聞かせてあげたところ、これも気に入ったみたい。

内容が若干大人なところも良かったらしい。

なお、まいちゃんの不倫ネタについては、どのように改変するか、早急に考えなければならない。
| 恋愛