スタイルストア



離婚遺伝子の恐怖


男にとって、結婚生活が上手くいくかどうかは既に自分の持つ遺伝子に組み込まれているらしい。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080902-OYT1T00527.htm

この遺伝子は「AVPR1A」という。

なんと、「AVPR1A」の型が「334」である男性は、妻に不満をもたれている割合が高いんだと。

しかも、女性には遺伝子型の影響はないそうで、世界中の家庭不和の原因は父ちゃんにあるという挑戦的な研究結果である。


その一方では、奥様を心から大切に想っている父ちゃんもいる。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0704/192442.htm


さて、ここいら辺でもう一度、われと我が身を振り返ってみるのも良いのかも知れん・・・。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105908272

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。