スタイルストア



ひとめぼれとは?


庄内米のブランドではない。

昨夜、女子供を寝室に追いやった後のつかの間の休息タイムにTVのチャンネルを回していると、超カワイイ女性が登場していた。

どうやら彼女は宝塚歌劇団雪組の、「大湖せしる」ちゃんというらしい。


おっきく輝く瞳にスラリと通った鼻筋、形の整った存在感のある唇が愛らしい。

細長い爪をした手は大きなアドバンテージ。

こういう爪の女性と指を絡ませたいものだ。


司会者との対談では当然ふつうのメイクで、その笑顔にドキッとなってしまったのだが、舞台の模様を紹介したコーナーで、革命の闘士を演ずる彼女が映されたときには改めてビックリした。

ヒゲをはやした逆三角顔の彼女は、永井豪の描く変身するときのデビルマンに良く似ているのだ。

もっとも、デビルマンやらデビルレディーやらにひとめぼれしたわけではない。

普通のメークの大湖せしるちゃんに・・・なのだ。ずいぶん前に中国旅行で太湖という大きな湖を船で渡ったことがあったが、大湖せしるちゃんとは取り立てて関係あるまい。


それはさておき、宝塚歌劇団の雪組には大湖せしるちゃんよりも偉い人がまだたくさんいるようで、劇団のホームページをみても大湖せしるちゃんの写真は掲載されていないようだ。


父ちゃん的には360×480くらいの画像データがあれば、マイピクチャにダウンロードして1日1回こっそりながめようと思うくらいに「ひとめぼれ」してしまったのに困ったことだ。


公演を観に行くほどのファンには恥ずかしくって到底なれないが、エビちゃんもCanCamを卒業してanecanに旅立っていったことだし、これを機にこの場で「大湖せしるちゃんのファンになったぞ」と宣言をして、とりあえずの区切りとしておこう。


      

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック