スタイルストア



墨攻 vs 300


先日、やっと墨攻を観た。

2ヵ月ほど前に見た300と共通点の多い作品だ。

洋の東西の違いはあるものの、どちらも時代背景は紀元前。

片やペルシャ戦争におけるテルモピュライの戦いを舞台とし、いま一方は中国の戦国時代における思想集団のひとつ、墨家を取り上げている。

どちらも多くの敵に対して寡勢で戦いに臨む。300では1,000,000対300、墨攻では100,000対4,000。

また、いずれもフィクション小説を原作としている。


古代史フリークの一視点からすれば、記録の残る有名な戦いをベースとした前者より、架空の攻城戦をモチールとした後者の方が比較的受け入れやすかった。

墨攻ではCGのサイやゾウは出てこないし、怪物も出てこない。生身の人間ばかりが登場する。

ただ、墨攻にも不満な点は多々ある。

(ここからネタバレ)

逸悦の父親が戦死する場面など、特に前半部分の描きこみが中途半端。

見せかけの撤収あとの趙軍の動きが冗長。

アン・ソンギの巷淹中にいま一つ重さが足りない。

なんで逸悦を死なせるの?



それでもワン・チーウェンの梁王の憎らしさや、若いころの本郷功次郎のようなウー・チーロン、松田優作にクリソツのチェ・シウォンなど、いい役者ががんばっている。

また、趙軍による攻城シーンはトロイキングダム・オブ・ヘブンなどの大作に匹敵する。


というわけで、DVDは買ってもよい。

  墨攻
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49649585

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。