スタイルストア



植物が電話をかけてくる?


ガーデニングを趣味とする私にとって、夏という季節は非常に気が重いのだ。

何故かというと、芝生や鉢植えに最低でも毎日1回は水遣りをしなければならないのだが、朝の慌しさに追われてウッカリ水遣りを忘れようものなら、翌日までの24時間、植物たちは激しい暑さの中、渇きに耐えなければならないのだ。

女房は戦力にはカウントされない。

家事に忙しい彼女は、庭の緑は自ら手を下すことなく維持されるものだと固く信じているらしい。

というわけで、CNET Japanで紹介されているこの技術、用土が乾いてくると自動的に電話をかけるというズグレモノ。


ただし、植物によって必要な散水頻度は異なるため、頻繁に水遣りする必要のある満開のペチュニアとか、2〜3日は水遣りを控える切り戻した直後のネメシアとか、植物ごとに湿度センサーの設定を変えなければならないらしい。

それはそれで大変だ。

動物でも植物でも、育てるには手が掛かる。

ウチの娘たちも早く自立して欲しいものだ(ただ今2人とも幼稚園)。



【こういうのが役に立つのよ】
花壇用DIY 散水キット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49748011

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。