スタイルストア



伏見に大坂城出現?


伏見桃山城が映画撮影のため大坂城っぽくお色直しをしたのだそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071023-00000021-kyt-l26

改修費に1億円ほどかかったようだが、CGでなくリアルで撮るというのは意味があるのだろうか?

淀殿が主人公の映画らしいので、衣装やセットも大掛かりになるのだろう。

コストの折り合いがつけばCGを多用してもOKだと思うが?

小谷城、安土城、北ノ庄城、淀城、伏見城、聚楽第、大坂城、伏見城、二条城・・・

いっぱいあるぞ。


個人的には建物よりもアウトドアをどう表現するかに興味がある。

琵琶湖、山里曲輪、北野大茶会、醍醐の花見

これらが映画で出てくるかどうかは知らないが、撮るんだったら半端ではいきませんね。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62073982

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。