スタイルストア



わずかな血液で肝癌発見


北海道大の研究グループが、10μLの血液で肝臓ガンが発見できる新しい分析方法を開発したそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071024-00000010-mai-soci

このグループ、分析方法を開発しただけでなく、企業と組んで自動分析装置も一緒に開発してしまったというから、ビジネスセンスも優れている。


血液検査で早期がんを発見するという方法は、ペプシノーゲン1/2比の測定による早期胃がんスクリーニングが有名。



ちなみに、ウチの女房は明日人間ドックだって。



【これからの季節に・・・】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック