スタイルストア



小野妹子から1400年


ある金曜日の晩、仲間のスーさんと飲んでいたときの会話。

スー「山背大兄王を殺した奴って誰だっけ?」

オレ「入鹿のこと?」

スー「いや、斑鳩宮を襲撃した奴」

オレ「巨勢徳多」

スー「それそれ」

スーさんもオレも、外資系化成品メーカーの社員。

女房は「あんたらはオカシイ」という。


それはさておき、小野妹子が遣隋使として派遣されてから1400年の今年、中国は西安市で記念イベントが開催されたのだそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071029-00000018-rcdc-cn

607年といえば隋は煬帝の時代。

大運河の建設や木蘭伝説で有名な高句麗遠征などが知られているが、日出ずる国が朝貢した11年後に最期を迎える。

一方、大国に向かって「日没するところ」といい放った国は、当時女帝の時代であった。




落日の王子(上)
落日の王子(下)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック