スタイルストア



咳には市販薬よりはちみつ


夜中の子供の咳は本人もかわいそうだが、その面倒を見る親にとっても厄介だ。

米ペンシルベニア州立大の研究グループによれば、夜中の子供の咳には市販の咳止め薬より「そばはちみつ」のほうが効果的である可能性があると報告した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071204-00000888-reu-ent

近代科学より民間療法が優れるのか?

というわけで早速原著にあたってみた。

Arch Pediatr Adolesc Med. 2007;161(12):1140-1146.



2歳から18歳までの子供105人を3つのグループに分け、ひとつのグループには「そばはちみつ」、もうひとつのグループにははちみつフレーバーの咳止め薬を寝る前に服用させた。残りのグループはいずれも与えなかった。

評価項目は咳の頻度、程度、子供の睡眠状態、親の睡眠状態など6項目。

咳止め薬の量は市販品に含まれるとほぼ同量だ。

試験の結果、「そばはちみつ」は何もしなかったグループよりも優れていたが、咳止め薬は何もしなかったグループと差が認められなかった。

そばはちみつと咳止め薬のグループでは充分な差は認められなかった。


この結果をもって「そばはちみつ」は市販の咳止め薬よりも効くとはいえないので注意が必要。

また、はちみつが自然食品だから安全だという保証もない。




ウチの娘たちが夜中の咳で大変だったら・・・



余りにひどかったら両方飲ませるかも・・・



特有の味・香りミネラル分を多く含む国産「そばはちみつ」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70926087

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。