スタイルストア



アルカリイオン水???


アルカリイオン水とはいったい何物だろう?


いろいろと身体に良い効果があると喧伝されているが、にわかには信じがたい。


先日、白衣を着たオジサンがバラエティー番組で、歯周病にアルカリイオン水が有効だといっていた。
なんでも、菌が分泌するバイオフィルムという防御物質を溶かす作用がアルカリイオン水にはあるそうなのだ。
Wikipediaにもそんなことが書いてある。


アルカリには腐食作用があるから、アルカリイオン水がアルカリ性の水のことだったら、虫歯の菌が除菌できたりバイオフィルムを溶かしたりできてもなんとなく納得できるが、同時に口腔粘膜もただれてしまうのでは?

すると、アルカリイオン水というのはアルカリ性の水のことではないのかな?

いや、pHがちょっと高いだけの、いわゆる微アルカリの水なのか?





ディムスドライブのアンケート結果をみると、ペットボトル・瓶のミネラルウォーターをよく買う人が最も好きなミネラルウォーターの銘柄の第3位にアルカリイオン水を挙げている。


ちなみに1位は「南アルプス天然水」、2位は「ボルヴィック」だ。


私の実家は富士山の麓にあり、水道水がとてもおいしい。
ひんやりと澄んだ味の中に、ほのかな甘みを感じるのだ。


「南アルプス天然水」、「ボルヴィック」それと「クリスタルガイザー」は実家の水道水に舌触りが似ている。


逆に硬度が高いミネラルウォーターは、独特な舌触りがある。


そういえば、以前に住んでいたアパートは1階が酒屋を営む大家さんで、そこで売られていた屋久島縄文水には驚いた。
そのクリアな味わいはこれまでに経験がない。

一切の混じりけがなく、どこまでもピュアなあじわい。

まさに絶品!




屋久島縄文水
屋久島のことなら屋久島物産展
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック