「ハチミツとクローバー」

会社の若手女子から「青春なんです」と聞かされ、試みに読んでみた第一巻で彼女の言葉に納得した。

毎日が新鮮だったあの頃・・・

いやいや、今だってそんなに捨てたものじゃない。

スタイルストア



白い船


舞台は山陰地方の小さな漁村にある小学校。

漁師の息子が授業中に偶然見つけた、学校沖を通過する白い船。

望遠鏡やら何やらをとりだしてよく見れば、どうやらフェリーボートらしい。

ある日、校長先生がくだんの白い船が新潟と九州を結ぶ定期船であることを見つけてきた。

そこから小学生たちとフェリーの船長さんとの文通が始まった・・・というお話だ。


実際にあった話を映画化したものだそうだ。


画面に一瞬現れる驚くほど透き通った海や、小学生が踊るヤマタノオロチ退治を題材とした神楽を見ていると、山陰地方という舞台を超えて、古き良きニッポンの姿が重なってしまうのは、そんな田舎の生活を知っている中年以上の人ばかりか?


ところで、劇中で小学生がとんでもない大事件を起こしながら、なんとか事なきを得て帰ってくるエピソードがある。

心配して居ても立ってもいられない家族や隣近所の人々の元に、ずぶ濡れになって帰って来る少年を誰一人として叱らない。

それどころか、「よく頑張った」といって褒めるのだ。

まず祖父さんの中村嘉葎雄がとりあえず一発ぶちのめしてから、グッとかき抱いて「よく頑張った」という流れがスジじゃないかと思うのだが・・・。


それに対して、大滝秀治演ずる家で待っているヨボヨボの曽祖父さんが、海難事故で命を落とした自分の父親の遺影に向かって、「お前はオレの曾孫を殺す気か!」と食って掛かるその迫力は凄まじい。


小学生たちが憧れのフェリーに招待されて乗り込むのは実話とはいえ余りにもお約束どおりなのだが、子供たちを乗せたフェリーが漁村の沖を通過するときに、それを待ち構えていた親たちが見せる反応にグッと来た。

こんなに真っ直ぐに、こんなに開けっ広げに喜んでもらえるって、とっても気持ちが良いだろうな。

観ているこっちも父ちゃんたちと一緒にフェリーに向かって手を振っているようで、なんとなくちょっと得した気分になった。



白い船

西の魔女は最初の1行目で死ぬ


西の魔女は最初の1行目で死ぬ。


映画の広告を目にしていたので、本屋で見かけたときにはその原作だとすぐに気がついた。

100万部を超えるベストセラーのようだが、そちらの方は知らなかった。


物騒なタイトルを見ただけでは、やさしいお祖母さんと孫娘のまいとのLOHASな生活を想像するのは難しい。

コジュケイは「チョットコイ」、ホトトギスは「テッペンカケタカ」とさえずり、生みたての鶏卵は温かくて汚いのだ。


お祖母さんは魔女というより普通のお婆さんなのである。

強いていえば、「国家の品格」にも紹介されていた「什の掟」に共通するものを感じるが、お爺さんやお婆さんは総じてそういうものだ。

とはいえ、魔女の死によって古き良き時代が崩壊するというわけではない。

魔女が孫娘のまいに残したひとことが何を意味しているのかは、文庫本に同時収録されているその後のまいの物語「渡りの一日」を読むとき、なんとなくわかってくるような気がする。


ところで、わが家のまわりでもホトトギスは鳴いているが、「テッペンカケタカ」とは聞こえない。

コジュケイの向こうを張って「チョットコッチサコイ」と、東北訛りで鳴くのである。



西の魔女が死んだ


国家の品格

2001年宇宙の旅


2001年宇宙の旅の原作者、アーサー・C・クラーク氏の訃報を聞いた。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/19/news025.html

もうずいぶんと前、隣町の劇場でリバイバル上映される「2001年宇宙の旅」を友人と観に行った。

友人は第2部の途中から船を漕ぎ出し、ボーマン船長の息遣いと友人のいびきがかぶって変な感じだったのを覚えている。

...more
タグ:特撮 SF

ヒマラヤの氷河から40年前の兵士が帰還


REUTERSによれば、ヒマラヤの氷河から飛行機事故で死亡したインド人兵士の遺体が40年ぶりに発見され、遺族の元に帰されたそうだ。

遺体は傷もなく腐敗もしていなかったとのこと。

40年前の彼は夫であり父であったのだろうか。

40年ぶりに夫あるいは父と再会する家族の気持ちは・・・?

...more

MUSA−武士−を観た


日韓中合作の映画、MUSA−武士−を観た。

もちろんDVDは持っているが、たまたまCATVでやっていたを、ついつい観てしまった。

チャン・ツィイーが明の皇帝、朱元璋の娘という設定だから、時代背景は14世紀後半。

何度観てもアン・ソンギの控えめながらも絶対的な存在感が印象的。

この映画のどこをどう切っても、どこかにアン・ソンギがいるという感じ。

最初に観た時は「誰だ、この俳優は?」と思ったが、韓国を代表する名優と聞き、納得。

チャン・ツィイーの生意気な皇女もよい。

ウチの娘たちに、チャン・ツィイーのようなキレイな女性になって欲しいと思うのだ。

みんな死んでしまう悲しい映画だが、最期まで諦めない姿勢とか、大義のために尽くすとか、どことなく新選組や風林火山などと共通するような価値観がみえるところが、私がこの映画に惹かれる理由かもしれない。

みんな武士だものね。

...more

墨攻 vs 300


先日、やっと墨攻を観た。

2ヵ月ほど前に見た300と共通点の多い作品だ。

洋の東西の違いはあるものの、どちらも時代背景は紀元前。

片やペルシャ戦争におけるテルモピュライの戦いを舞台とし、いま一方は中国の戦国時代における思想集団のひとつ、墨家を取り上げている。

どちらも多くの敵に対して寡勢で戦いに臨む。300では1,000,000対300、墨攻では100,000対4,000。

また、いずれもフィクション小説を原作としている。

...more

グレイスランド


交通事故で妻を亡くした男の前に現れたのは、エルビス・プレスリーを自称するヒッチハイカー。

CATVのAXNで偶然見かけて、そのまま最後までTVの前を離れられなかった不思議な映画。

普通なら鼻白んでしまうような「諭しのことば」が少しの嫌味も感じさせないのは、エルビス演ずるハーベイ・カイテルの腕。

詳細はAXNのサイトに譲るとして、ド派手な演出に凝ることもなく、観る人の気持ちを温かくさせる、そんな映画が好きだ。

...more

iTunesがアマゾンを抜き音楽販売で第3位


米国での調査によれば、iTunesは2007年第1四半期の音楽販売総売上でAmazonを抜いて第3位となったそうだ。

CNET Japanに引用されたNPD Groupの調査結果では、第1位はWal-Mart、第2位がBest Buy。

第3位のiTunesのシェアは9.8%だったとのこと。

また、全体に占めるデジタル音楽のシェアは13.8%。

トレンドを見ていないが、十中八九右上がりだろう。

日本はどうかな?

...more

ソニーのフルカラー有機ELディスプレイ


薄くて曲げられるフルカラー有機ELディスプレイのTVニュースをみた時、女房は「スゴーイ!」といった。

薄いからスゴイのか、曲げられるからスゴイのか、それとも両方だからなのかは聞けなかった。

「有機」といわれると、すぐに骨粉だの鶏糞だの腐葉土だのを思い浮かべてしまう私の趣味はガーデニング。

丸大豆醤油とか泥付野菜とかポストハーベストとかを思い浮かべてしまうのは健康派の主婦。

デザイナーやイベントコーディネーターなら、太い円柱に0.3mmのディスプレイを貼り付けてプロモーションビデオを流すことを考えたり・・・あとは思い浮かばない。

ノートPCの厚さが半分になるかな。

解像度は良いのかな?

37型でいくらくらいで売ってくれるかな?

ウチのTV(SONY製)が壊れるまでに普及タイプが出てくるかな?

...more

ぺ・ヨンジュン主演作の香水予約開始


サンリオとのキャラクター商品発売が発表されたばかりのペ・ヨンジュン。

こんどは最新出演作『太王四神記』の中で登場する香水が放映に先駆けて予約開始されたんだと。

どんな香りがするのかね?



未公開写真3枚がオマケでついてくるってさ。

...more

イ・ビョンホンの夏物語


イ・ビョンホンの夏物語が公開された。

「生涯でたったひとりの女性を想い続けて生きてきた、初老の大学教授の純愛と情熱を描く感動のラブストーリー」というフレコミだから、ハチクロの想いとしては興味を惹かれずにはいられない。

「恋」と疎遠になって久しいが、それなりの年齢だったころにはそれなりの経験をした。

全体としてまとめてみると「純愛」とはいえないかもしれないが、個々のエピソードでみれば確かに「純愛」的エピソードだってあった。

昔を懐かしむワケではないが、人を好きになる「うれしさ」や「切なさ」といった、人として生きていく上での基本的な感情をずっと大切に持っていきたい。

...more

墨攻


古代中国を舞台にした酒見賢一の小説、墨攻が映画になったんだって。

駅のホームにあったポスターで知りました。

正確には酒見賢一の小説をもとに書かれた劇画の映画化だそうで。

酒見賢一は墨攻で第4回中島敦記念賞受賞。

そのほかにも、第1回日本ファンタジーノベル大賞を受賞した後宮小説や第19回新田次郎文学賞受賞の周公旦など、結構面白い作品を出している。

ウィキペディアを見たら、名古屋市内の住宅設備会社勤務の傍ら執筆活動を行っているんだと。

尊敬!

墨攻後宮小説周公旦はいずれも厚みのない文庫なので、あっという間に読めるところもイイ。

一方の劇画は全11巻。

後ろ3分の2は小説にはない劇画オリジナルだが、それはそれでこちらも充分楽しめる。

立ち読みして腰を痛めたくらいだ。


↓ これが酒見賢一のオリジナル小説

   

...more

ディカプリオがディパーテッドで大人の男に脱皮


マーティン・スコセッシ監督のアクションサスペンス、ディパーテッドがイイらしい。

主演はジャック・ニコルソン、マット・デイモン、レオナルド・ディカプリオ。

先週号のニューズ・ウィーク日本語版では、いつもは辛口の映画評が今回は珍しくほめている。

この欄の評価は私の感覚にいつも近いので、たぶんディパーテッドも◎。

なんでも、香港映画「インファナル・アフェア」のリメイクなんだそうだ。

...more

ウィル・スミス、「幸せのちから」来日記者会見


オリコンによれば、全米で初登場1位を獲得した映画、「幸せのちから」の主演俳優ウィル・スミスが、1月19日都内で来日記者会見を行ったとのこと。

女房に愛想をつかされた男が、息子との生活を守るために全財産21ドルを手に一念発起、苦労の末、億万長者になるというものらしいが、目玉はウィル・スミスが実の息子、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスと競演していることだ。

映画は実在の人物、クリス・ガードナーの半生を基に描いたものらしいが、億万長者になってしまうあたりがいかにもハリウッドっぽくて・・・

たとえば、どん底の父ちゃんががんばって再就職して、その年の息子の誕生日に小さなケーキとプレゼントを買ってきて、息子と一緒に誕生日を祝うシーンでフェードアウトして終わるとか、そのときの親子写真がフーっと色褪せていって、そこは成長した息子の海辺の邸宅で、波の音をバックに出勤の支度をする父ちゃんに、「今日はオイラの誕生日だから早く帰ってきてね」とねだる息子(ウィル・スミスの孫)の声に振り返ると、あのときの誕生日の写真が目に飛び込んでくる・・・といった終わり方だったら、カンヌあたりでありがたい賞をもらえるかも知れない、と思うのは私だけ?

...more
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。